【音スト】音楽オーディション情報をストック!

30歳をすぎて歌手になるには?!歌手になりたい社会人必見!

30歳をすぎても歌手になりたい!アラサーが歌手になるには?!

音楽の夢を諦めきれずに、社会人として働きながら30歳を過ぎた今でも、バンド活動をやり続けている方も多いのではないでしょうか?!

メジャーデビューを志して活動している人の1番の壁は「年齢」です。一説では、芸能界デビューは “20代前半がリミット” という声もあります。

しかし、そこで諦めてしまうのは実にもったいない!30代でメジャーデビューを果たし、活躍しているアーティストもいます。

そこで今回は、遅咲きのシンガーを紹介しながら、30歳を過ぎた社会人が歌手になるにはどうしたらいいのかを紹介します!

30代でデビューした、遅咲きシンガーを紹介!

はじめに、30代でメジャーデビューを果たした “遅咲きのシンガー” を紹介します!

スガシカオ

今や日本のトップシンガーとして活躍している「スガシカオ」。そんな彼がデビューしたのは30歳のときでした。

スガシカオは、1997年に「ヒットチャートをかけぬけろ」でメジャーデビュー。その翌年にSMAPの「夜空ノムコウ」の作詞を手掛け、一躍有名アーティストの仲間入りを果たしました。

29歳の時にメジャーデビューを目指し、会社を辞めて音楽活動に専念。その間、仕事やバイトを一切せず、ひたすら音楽に打ち込んだそうです。社会人で歌手になるには、相当な覚悟がないといけません。

木山裕策

紅白歌合戦にも出場した遅咲きシンガーの「木山裕策」。彼がデビューしたのは39歳のとき。

家庭を持ち、4人の子供にも恵まれ、順風満帆な生活を送っていた矢先、37歳のときに悪性の腫瘍(甲状腺乳頭がん)が見つかり、全摘出手術を受ける。

手術をすれば、「二度と声が出なくなるかもしれない…」、そう医者から聞かされ、「もし声が出たら何かチャレンジしたい」と、夢であった歌手を再び目指すことを決意したそうです。これが彼の人生のターニングポイントとなりました。

デビューのきっかけは、オーディション番組「歌スタ!!」への出演。透きとおるような歌声と人生観が審査員の心に刺さり、見事合格!メジャーデビューを果たしました。

30代でもメジャーデビューは遅くない!

30代でもメジャーデビューは遅くない!

音楽業界では “20代前半がリミット” と言われており、それまでに目が出ないと、メジャーデビューは厳しいと言われています。

30歳を過ぎてメジャー歌手になる人は、ほんの一握りであり、宝くじを当てるよりも確率が低いでしょう。前述したシンガーは、高い才能と幸運の持ち主であり、誰にでもできることではありません。

ですが前述で紹介したシンガーのように、30歳を過ぎてからデビューを果たし、日本のトップシーンで活躍している歌手もいます。デビューするのに遅いなんてことはなく、年齢に関係なくチャンスはあります。

次章より、30代のアラサーが本気で歌手になる方法についてご紹介していきます!

30歳で歌手になるには?!デビューするための心得と方法

30歳で歌手になるには?!デビューするための心得と方法

30歳を過ぎると、20歳でメジャーデビューを目指すよりも、一気に厳しくなり、高いスキルや相当な覚悟が求められます。

「覚悟」を持ってリスクを負ったものだけが、デビューを手に入れられる

スガシカオも29歳で会社を辞めて、バイトもせずに1年間音楽活動に励みました。木山裕策も会社で出世していましたが、歌手になる夢を追うために、会社を辞めて励むなど、リスクを負っています。

アーティストの世界は、仕事をしながら片手間でデビューできるほど、甘い世界ではありません。30代で歌手デビューするためには、「どうしても歌手になりたい」「夢を諦めきれない」など、覚悟をもって行動する人にだけチャンスが訪れます。

覚悟を決めたら、後は「行動」あるのみ。自分から動かなければ、誰もあなたの才能を見つけてくれません!

オーディションに応募する

音スト

デビューするためには、とにかく「オーディション」に応募すること。年齢制限のないオーディションを探し、積極的に参加しましょう。

オーディション審査を通過してメジャーデビューするのは狭き門であり、茨の道を進むことになりますが、どんなに辛くても、あきらめずに毎日活動することが大切です!行動することを止めなければ、いつか必ずチャンスが巡ってきます!

本サイトでは、「音楽に特化したオーディション」を日々掲載していますので、毎日チェックして、オーディションに応募しましょう!

30代の大人のあなたは、20代には語れない、多くの人生を歩んできています。その人生経験を活かして、自分にしか歌えない歌を歌いましょう!

YouTube/ニコ動で配信する

YouTube

今はネットの時代です。プロダクションに所属するだけが、メジャーデビューする道ではありません。YouTubeなどの動画配信サービスで楽曲を配信し、反響を呼んで一躍有名になれば、音楽プロデューサーの目に止まりメジャーデビュー、なんてこともあります!

現に、YouTubeで脚光を浴びて、メジャーリリースを果たしているアーティストは大勢います。

アプリ(ストリーミングサービス)を活用する

SHOWROOM

これからはバーチャルの時代。「SHOWROOM」はアーティストやアイドル等の生配信が、誰でもすぐできる仮想ライブ空間です。

日々イベントが開催されており、夢を叶えたい人とそれを応援したい人が集まっています。無名から一躍有名になる配信者も出ており、中には月収1,000万円を売り上げる人もいます!

まとめ~30歳で歌手になるには?~

30歳を過ぎると、メジャーデビューの可能性が一気に厳しくなるため、本気で歌手デビューを志すなら、相当の覚悟を持って行動する必要があります。

プロダクションに所属するだけが、歌手デビューの道ではありません。これからはバーチャルな時代であり、YouTubeやアプリで配信し、脚光を浴びて、大手レコード会社からメジャーリリースしているシンガーも多数います!

年齢を理由にせず、あきらめずに覚悟を持って行動し続けましょう!!努力は必ず報われます!

最新オーディションをお届け!!

一覧を見る

【音スト】音楽オーディション情報をストック!は、登録不要&応募無料で音楽オーディションを探せる、新しいスタイルのオーディション情報サイトです。

歌手・ボーカル、バンド、シンガーソングライター、作曲家、作詞家、編曲・アレンジ、スタジオミュージシャン、ダンス、DJ・HIPHOP・ラップ、アイドル歌手、声優アーティスト、YouTuber、VTuberなど、
全国で開催している「歌手・バンドのための音楽オーディション」を掲載!大手プロダクションから地元密着のインディーズレーベルまで、さまざまなオーディションを検索できます。

その他、オーディション対策など、デビューに役立つ情報を配信!あなたがメジャーデビューするために「【音スト】音楽オーディション情報をストック!」をご活用いただければ幸いです。

ジャンルで探す

期間で探す